スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

天使が牙を剥く時①

これは私が某コーヒーショップ&SSで働いていた時のお話です


私は全くもって天使ではありませんが、
鬼鬼っていうのも色気が無いので取り合えずそういう事にしておいて(笑)。


先月パトカーが逃げ出したのは確かに私が原因なのですが、
私が激怒するような様々な出来事があの頃にはあったのです。



私はあの頃外資系の会社の直営チェーンで店長をしていました。

店舗の横には警察署があり、24時間の店にとっては本当にありがたい・・・

はずだった。




ある夜。
夜中の3時に電話が鳴る。
私は何があっても直ぐに電話を取れるように子機を枕元に置いていたので
飛び起きて電話を取ると夜勤スタッフの鬼山君(仮名)からでした。



もしもし。何?どうしたの?何があった?


電話が鳴った時から嫌な予感がした。
今までもこの時間にスタッフからの電話はよくあったのですが
この時だけは何かが違ったのです。


鬼山君『店長、こんな時間にスミマセン。あの・・・』
と、鬼山君が話す後ろで



テメェ~何やってるんだぁ!!!
ぶっ殺すぞ!この野郎!



という恐ろしい声とガシャンガシャンドカンというような
破壊音が私の耳に飛び込んできました。


もう話さなくてもスタッフの身が危険な状態な事だけはわかります。



鬼山、相手は刃物持ってるのか?
お客様はいらっしゃらるのか?
とにかく金なんかいらないから自分達の身を守れ!
反抗するんじゃないぞ!
今すぐ警察署の短縮ボタンを押せ!
とにかく私が直ぐに行く!!!!




私の大事なスタッフにもしもの事があったら・・・。
神様!私が行くまでどうか彼らを守って!!!!!!



電話を切ってから3分後には私は店舗に到着していました。

家と店が近いってこういう時に役に立ちます。




鬼山ー!福山ー!

と店の入り口で叫ぶと、丁度6番レーンで給油してた車が逃げるように●●●街道へ。
追いかけようとも思ったのですが、それは危険。
それよりもスタッフの無事を確認しなければ。



すると店舗から鬼山君がふらふら~と出てきました。


二人とも無事なのか?


鬼丸君『取り合えず無事です!』


それを聞いて一安心。

で、店内に入ると唖然としてしまいました。



ガラスなどが割られ飛び散り、テーブルや椅子も引っくり返り、
事務所のドアも破壊されてまるで地震が起こったような状態。



いったい何が起こったというのでしょう・・・。



【続き⇒ 天使が牙を剥く時② 店破壊される】





Trackback [0] | Comment [2] | Category [接客業:天使が牙を剥く時] | 2010.11.17(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


わー!

ぎゃ~!
続くかい!

気になる・・・

2010.11.19(Fri) 16:27 | なつパパ [URL] | 編集 | ▲PageTop

なつパパさんへ

はい、続きかきますた(笑)。
ご感想お待ちしております♪

2010.11.20(Sat) 17:57 | jil [URL] | 編集 | ▲PageTop

 プロフィール

jil

Author:jil


『Bagdad Cafe season2』はこちらから♪

音楽活動から何故か
あるコーヒーショップの
店長へ・・・。
ショップを辞めた今でも私の宝物は
お客様とスタッフです!

いきなり野球にハマってしまい、家から球場が近いという理由もあり【西武ライオンズ】を応援する毎日で、ブログは野球のことばかりになってきている今日この頃です(笑)。

基本的にツンデレ&男前と言われます。

モットーは常に

清く正しく美しく

 カテゴリ
 カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 月別アーカイブ
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク
 球場へ連れてって♪
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
 coffee
映画『おいしいコーヒーの真実』


 Lc.タグクラウド

 大切な宝物

 QRコード
QRコード
 ブログ内検索
 FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。