スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

店長との約束




あれはお店がオープンしてから半年位の事。
退社時間になり事務所で業務連絡帳やFAXNEWSに目を通しながら
店長とお話している時です。

『○○さん、もうそろそろ優しいお姉さんはやめませんか?
 スタッフからの信頼も厚いしスタッフの相談に乗ってあげたり
 面倒見るのは良い事だけれど・・・・・。
 そろそろ嫌われ役を買って出てくれないかな?』

私には店長の言っている意味がよくわかりました。
スタッフには学生も多くまだまだ働く事について
少しいい加減だったり、店長一人では全てが回りません。
やらなければいけない事が山ほどあります。
一つのお店を運営する為には色々な役割が必要となってきます。

私はこの日を境に変わりました。
そのうち私自身がかなり厳しい店長になったのですが。

初期の店長は私がもっとも信頼する方です。
真面目で誠実で温かく、狭い事務所で仕事をすると
スタッフの休憩時に一緒になって喋ってしまうのを避け
耳に耳栓をするくらい生真面目で少し不器用な方でした。

『一緒に日本一の最高の店を創ろうね♪』
よく店長が私に言っていた言葉です。

店長。

私はあなたの意志を引き継いで立派な店長に慣れたのでしょうか?
ただ、約束は守れたのではないでしょうか。
厳しい嫌われ役。
私は嫌われるのなんか怖くない。
でもそんな中で理解し協力してくれるスタッフもいましたよ。

私は退職してしまいましたが
店長にはどんな困難が待ち受けていようと
そのまま正しいやり方で突き進んで頂きたいと願っております。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [8] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.27(Tue) PageTop

週末の秘かな楽しみ


最近週末になると思う事があります。
店舗で勤務していた頃は土日祝日なんて休んだ事がなかった。
ゴールデンウィークもお盆もお正月も全くなし。

だからこうして日曜日に家にいるのがとても不思議な感覚なのです。

私は天職だった(と勝手に思い込んでいる)仕事を自ら会社との決別という形で
退職したのですが、お仕事は本当にやりがいがあり充実していました。

ただ、土日祝日のスタッフが少ない時に
休憩は取れないし寝不足の為に立ちっぱなしでフラフラはキツイ。
しまいには店頭の隅から隅まで走り回らなくてはいけないし。
口が回らなくなってくるともう疲労の限界です。
もう今だから笑い話ですが、目の前が霞んで見えて来たりします(笑)
今考えるとちょっと怖いですね。

それでも私にはそんな激務から心を癒すような
秘かな楽しみがあったのです。

家族連れやカップル、友人グループ・・・・・。
もちろんお仕事中の方もいらっしゃったと思いますが
80㌫のお客様は休日だったと思います。




どうする?何買う?
後で行ってから食べるから飲み物だけにしようよ。
これからどこ行く?
うーん、どこでも。



そんな声が聞こえる度に私は空想します。
自称『赤毛のアン』(笑)
私もこれから一緒にお客様と出かけるのです。
一緒にコーヒーも頼んで、車の中で先に待ってる・・・・・。
私の自己満足に長く伸ばした髪は
早起きして巻き髪セットしてあります。
または、無理やり友人に連れて行かれるディズニーランドで
休憩ばっかり取って友人に責められる光景とか・・・・。
全然予定もないけど何処にしようかと迷ってる自分・・・・・。

一瞬だけどほっとする・・・・。
そんな一瞬が私にとっての贅沢?だったかな。
それにお客様の休日の安らぎのお手伝いが少しだけ出来ますしね♪
そして事故や怪我がないようにと『お気をつけていってらっしゃいませ!』
とお見送りしていました。

・・・・接客業でとても忙しくて休みも少なく土日祝日も休み無し
の方だと同じように思った事があるのではないでしょうか?


だから今は金曜の夜から日曜日までが
予定の無い時でもとっても贅沢な気持ちになります。


うーん、少しだけ切ない思い出です。

みなさまにとっても充実した平和な週末になりますように・・・・。

Trackback [0] | Comment [2] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.25(Sun) PageTop

つばめの巣




また今年もつばめの雛が可愛い声で鳴いているのが聞こえます。



あれはお店が新規オープンした直後の事です。
今日と同じような青い空でした。


学生スタッフはお客様が少ない時間帯に何をしていいのかわからず
ぼーっとして給油の許可出しをしています。
私も通常業務以外の指示は出されていないので
とにかく端から順番に拭き掃除をしようと外へバケツを取りに行きました。

その時店頭にいたお客様に呼び止められました。
『つばめだと思うんだけど、あそこに落ちてたからさ』
手のひらには可愛い雛が震えています。

『恐れ入ります。少々お待ち頂いても宜しいでしょうか?』
私は店頭で清掃をしている店長へ報告し
バケツを持ち店内へ戻りました。

店内に戻ったのはいいのですが
すっかりバケツに水を汲むのを忘れています。

再度外へ行こうとすると
何やら店長がつばめの巣があるキャノピー(給油レーンの屋根)の下で
雛を持ったままうろうろしていて嫌な予感がしました。

つばめの巣は給油レーンの柱の一番上にあります。
店舗にはそこまで届く梯子がありませんでした。
清掃などではギリギリモップブラシが届くのですが
さすがに巣に戻す事は出来そうもありません。


あの店長、誠実で真面目なんだけど
なんとなくあの性格からして・・・・・もしや?


私はバケツに水を入れながら見張ります。

つばめが気にはなりますがお仕事中なので
急いで店内へ戻ります。

『さっ、一緒に拭き掃除やろうか!』
清掃用ダスターを数枚用意してあるのですが誰もやりません(涙)
わかりきっていた事なので気にせずダスターを固く絞り
キュッキュッキュッーーー

『ねぇ~○○さ~ん、まだ店長ウロウロしてるよぉ~』


私は聞こえない振りで窓のサッシを拭き拭き。


『ねぇ~あいつどうするんだろうねぇ~』


あぁ、その話し方は仕事が終わってからにしろっ。


『あいつ捨てそうじゃんっ♪』


そうなんだよ、私も見張ってたいけど仕事が・・・・・


『○○さ~~ん、あいつ植え込みに入ったよぉぉぉぉお~』


やっぱりね!
って・・・・・・・・・・・・・・ちょっと待った!!


『店長ーーー捨てちゃ駄目ですっ!』

気がついたら私は植え込みまで猛ダッシュしていました。

『やっぱり駄目だよねぇ・・・』と店長が植え込みから振り返り呟きます。

そして私は安心してまた再び店内へ戻り清掃業務を続けました。
退勤時間になり、他のスタッフに業務を引き継いで事務所へ行くと
店長がアイスコーヒーの空箱を私に見せます。

『○○さんが捨てるなって怒るから取りあえず保護しておいたよ。
 飲食業だから本当は事務所に置いておくのもどうかと思うんだけど・・・』

私はお仕事中に申し訳ありませんでしたと謝り
つばめを引き取って良いか店長に聞くと持ち帰って良いとの事。

店長は俺って捨てるような人間に見えた?と
私の帰り際にしょんぼりと聞くのでしっかりとお返事を・・・。

『はい、思いました。嘘がつけなくて申し訳ございません。
 でも箱に入れて保護してくださってありがとうございます。
 お疲れ様でした。お先に失礼します!』

でもわかったんです。
店長が捨てれなくて迷ってた事も。

あの時のつばめの雛は動物愛護団体に電話をして
保護しているがどうすればよいかを教えてもらいましたが
落ちた衝撃もあったのか天国へ。

あれから毎年店舗にはつばめが戻ってきて雛を育てます。
そして偶然にもあのつばめが天国へ行った次の年から毎年
つばめが我が家の軒下に巣を作り雛を育てています。

今年もお店にはつばめの巣に雛が孵っているのでしょうか?


我が家のつばめを見て思い出したある日のお話でした。




Theme [お話] Genre [その他]
Trackback [0] | Comment [3] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.21(Wed) PageTop

記憶喪失

今日この間まで働いていた会社の他の店長から
同期の店長がまた辞めるらしいとメールがありました。

その辞める店長とは同じエリアの店舗同士でもあり
尊敬している上司も同じで大変お世話になりました。
私が退職を決心した時も電話を何度もくれて
やめちゃだめだよと引き止めてくれた人でもあります。

私が辞めた後もたまに連絡を取り合ったりしていますが
やはりその人も辞めたいと言っていたのです。

あぁ、辛いだろうな・・・・。

私の辞めた時を思い出します。




正直にお話しすると・・・・・・・・・。

私は退職してからの一か月は
私の全てが終わってしまったようで何も出来ませんでした。
そうです、あのお店で私は呼吸をするように働いていたのです。

呼吸が出来ないので苦しくて苦しくて
何も出来ないというより、思い出すのが辛くて
もしかしたら思い出さないようにしていたのかもしれません。

毎日毎日仕事をしていた時間に起きては
今まで忙しくて会えなかった友人に逢いに行ったり
いろんな場所へ一人で出かけて行きました。

送別会も色々な場所で開いて頂きましたが
その時に私は思い出話が出来ませんでした。




思い出せないのです。




あの店舗で毎日どのように働いていたか
どのような挨拶をして
スタッフにどのように指示を出し
どのようなオペレーションをしていたか・・・・・。
帳票管理在庫管理はどのようにしていたか
食材は何を使用して賞味期限はどうだったか
マシンの清掃はどのようにしていたか
店舗のこれから先の目標やスタッフ教育・・・・・・・
店舗の電話番号も。

毎日一緒になって一生懸命働いてくれた
信頼していた副店長の顔まで思い出せません。



そして大切なお客様との会話や
それぞれのお客様の好みや分量まで
私は全て思い出せなくなってしまいました。





一過性の記憶障害です。




私が全てを掛けて取り組んできた全てを忘れてしまうのです。

私が数年間働いてきた事が全て無意味なような気がして・・・・・。





そして退職から2か月後
少しずつ荷物の整理を始めました。

私の部屋には莫大な量の会議の資料やノート
アクションプランや教育用に作成した資料や業務連絡帳。
トロフィーや表彰状・・・・・そして写真があります。
捨てられるものと捨てられないものを分ける作業。

ひとつひとつ目を通しながら思いきり泣きました。
生まれて初めて割り切れない気持ちというものを知りました。

自分で決めた事なのにこの憤りをどうすればいいのか
今少しずつ自分の心を溶かしている状態なんだと思います。




今は少しずつこうしてブログに書ける位には記憶が戻って来ました。
そして元から喜怒哀楽が激しく泣き虫な私は
思い出す事を止めるのではなく
涙を流す事をしばらく忘れてみようと実践中です(笑)


現在では歌の知識を生かして
『ボイストレーナー』をやっています。
このお仕事も意外に奥が深くやりがいがあります。

でも、私のやりたかったやろうとしていた事と
少しだけ何かが違うような気がして
迷いながら毎日を送っています。

焦らず急がず・・・・
もうしばらくは心のリハビリに時間が掛りそうです。


Trackback [0] | Comment [3] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.20(Tue) PageTop

彼女の言葉




気付かせてもらった事。



あれはまだお店がオープンして一週間も経たない頃です。



Kさんという私より少し年下の彼女は
スタッフの中でもかなりしっかりした女性でした。
就職が決まるまで頑張るという彼女。

普段から、今の学生は非常識だ!
アルバイトだからってこんな働きっぷりじゃぁ
就職してから大変なんだからっ!
といつも言っていました。

思っている事は何でも隠さず口に出してハッキリ言うので
表面的には少しキツク感じる人もいると思います。
実は私の方が自称星一徹なので一級のキツイ性格だと
思うのですが、不思議と人が怒っている時は冷静に
話を聞く事が出来ます。

私もハッキリしている性格ではあるので
話も考え方も良く気が合いました。

実際彼女が言っている事は当たり前の事が多く
私もスタッフのモラルについて頭を悩ませていたので
仕事に関してはよく二人で夜中まで討論したのを覚えています。

オープンしてから一ヶ月くらい経つと
ありがたい事に常連のお客様が多くなってきました。
その頃には声に特徴があるので『うぐいす嬢』と
私はお客様によく言われていました。
元がのんびりマイペースな部分があるのと
声と明るい接客が良いなど褒めて頂いた事もあって
自分の接客や業務内容に変な自信を持ってしまいました。

『いらっしゃいませ~』
『ありがとうございまーす』

語尾伸び・・・・・・・・・・・。

接客においてはそれぞれ業種や雰囲気によって
接客用語やイントネーションも少しずつ違ってきます。
しかし今思えば私はのんびり過ぎるというか
自分が良い接客をしているつもりになってたんですね。
一生懸命やっている!と勘違い。

ある日Kさんと一緒にカウンター業務を行っている時に
私の行動を何もしないでKさんが見ていました。

いつもチャキチャキ動くのにおかしいな?と思い
どうかしたのと聞いてみると



『○○さんって丁寧な接客をっていつも言っているけど
 それって確かに正しいけど・・・・
 そんなに作業が遅くてお客様の為になるのかな?』



え?



『一生懸命なのはわかるけど
 お客様はあなたの愛情より早くして欲しいんじゃない?
 急いでる人だっているんだからさっ。
 ちょっとどうかと思うけど?』



あっ・・・・・。


バケツに入った冷たい水をいきなり掛けられた様な
感覚と言えばいいのか・・・・・。
目が覚めると言えばいいのか・・・・・。
ショックでした。



別に喧嘩にもなりませんでした。
頭にも来ませんでした。
そうなんです。
彼女の言う通りだと思ったからです。


自分はなんて馬鹿なのかと。
お客様の事を全く知ろうとしていなかった自分に
本当に腹が立ちました。


それから彼女をはじめ、店長や他のスタッフの行動を見て
良い部分を必死に真似て練習する毎日が始まりました。

丁寧な接客業務から
丁寧かつスピーディでお客様に合わせた接客へと。

やらなければいけない事
出来る事がいっぱいあります。

いつでもお客様に良い状態でご利用頂けるように
しっかり状況を判断出来なくてはいけませんね。



それからもKさんは就職が決まった後も
人員が足りないお店の為にそして私の為に暫く掛け持ちで
働いてくれたのですが

『もうそろそろ私はいらないね。
 あなたが店長なら大丈夫だよ。
 皆だいぶ頼り過ぎてるから大変だと思うけど。』

寂しそうに辞めて行きました。
私も寂しかったのですが止められませんでした。


初めの頃は私に
お局になってずっと一緒に頑張ろう!と約束した彼女は
婚約者との将来の計画もあったのです。

やっぱり、婚約者には勝てない(笑)


話出すと止まらなくて話がループする彼女。

頭にくると愚痴ぐち私に言い続ける彼女。

少し馬鹿にしたようにクックと鼻で笑う彼女。

お金を貯めるのが大好きでポイントの有効利用を
教えてくれた彼女。

仕事の悩みを相談して電話してきたのに
途中で自分が寝てしまった事に気づいていない彼女。

何気に家庭的で女性らしい彼女。

何でも正直に話してくれた彼女。

そして私の事をよく見ていてくれた彼女。


Kさんが気付かせてくれたんです。
たいせつな事を。

私はあの時から今まで忘れた事はない。
新しいスタッフが入店して来る度に
あなたが言ってくれた事を話して聞かせているくらい。

いつでも転びそうになると考える。

いつでも振り返る。

今もあなたの言葉を想い出す。






Kさんは無事結婚されて
現在では素晴らしい奥様になって頑張っています。
いつまでも幸せにね。


Trackback [0] | Comment [4] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.18(Sun) PageTop

DOOR

ちょっとした笑い話です。

私が働いていた店舗は敷地は全体は大きいのですが
店舗内が広くはありませんでした。

化粧室も申し訳ないのですが
お客様と共同で使用させてもらいます。

事務所も恐ろしい程狭く
他には倉庫も2階もないので
全従業員本当に苦労しました。

狭いので全てのドアを開ける時に
さっさか動き回るとノックもしないようになってしまうので
2回コンコンと叩いてからドアを開けるように
ルールを決めたのは良いのですが・・・。

ひどく疲れていたりとても慌てていたりすると
食材の冷蔵庫の扉を開ける時まで

コンコン

カウンターから店内の客席の方まで行こうとする時も
パタンパタンとだけ閉まるコンビニにもある・・・
あれは何という呼び名なんでしょうか?(笑)

あの扉に向かってもコンコン。

事務所から外に出る時もコンコン。
ゴミ置き場もコンコン。

マシンの点検の為に鍵を開る時も
ノートPCを開ける時も
引出しを開ける時も
コンビニでペットボトルの冷蔵庫にも

しまいにはお家のおトイレの出入りにも

コンコン

これは他のスタッフも多少はやりましたが
暴露しますと私は最後まで癖でやっていました。

自分さえ気にしなければ
意外と他の人にはバレないものです。(笑)


私は一体何を探して色々ノックしていたんでしょうか?
もしかしたら・・・
明るい未来へ続く幸せのDOORを探していたのかもしれませんね。







                   
なんちゃって。




Trackback [0] | Comment [4] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.15(Thu) PageTop

"The Hare and the Tortoise"はじめの一歩

新店舗のオープニング。


全スタッフとスーパーバイザーと本社でオリエンテーション。

そのオリエンテーションで全員が初めて顔を合し
全てが始まります。

オリエンテーションが終わると研修がありました。
研修中はまだ店舗が出来ていなかったので
夜もトンテンカントンテンカンと建設中の店舗を
ドキドキしながら見に行ったものです。

研修は近隣の公民館で4日間と他店舗実施研修と
実際の店舗での研修含めて一週間位でしたが
内容が濃かったので長く充実した時間だったと思います。



オープニングでは私はまだスタッフでした。
一番出来ないスタッフだとスーパーバイザーと
初期の店長や他スタッフに思われているのは明確でした。

なぜなら、最初の他店舗研修に行くスタッフの中に
私の名前だけ無かったからです・・・・・。

2日目の研修の時に前日の宿題だったドリンクの分量を
ブレンドコーヒーとアメリカンとココアしか答えられなかったからです。

今振り返っても本当に顔が火照る位にはずかしく
情けない思いでいっぱいです。

他のフリーターや主婦は頑張ってほぼ出来ていたので
私は勉強の仕方や効率が悪いのと
集中力とやる気と(挙げたらキリがありませんが)
足りないところがいっぱいで反省・・・。

スーパーバイザーのお話によると
2日目の研修を見ていっぱいいっぱいになっているから
他店舗研修に行っても勉強出来ないだろうと思ったそうです。


どれだけ悔しかったか・・・・・。
でも当時の私の気持ちの中で

『ドリンクが覚えられなかっただけで
たかが一日の失敗で何で出来ないって決めつけるんだ!』
という気持ちと
『決められた時間枠の中でもっと必死にやらなければ
 皆にあきれられてしまうのは当たり前』
という気持ちがごちゃ混ぜになっていました。

それから猛勉強です!(笑)

学生の頃でもここまで勉強した事はありませんでした。
勉強しながら何故学生の頃にやらなかったんだろうと後悔。

『後悔は役に立つ!!!!』

はい、私はそうだと前向きに思っております。

そして私はやる気になれば出来るという事を学びました。
学生の頃から美術・音楽・現代文などは得意でしたが
理数系は大の苦手科目。

でも苦手だからと言って手をつけなければそのままで終わってしまう
という事も、はずかしながらこの時初めて気付きました。

店舗業務に携わる者としてある免許も取得しなければならず
一日だけですが講習を受けました。
その時の講師は会社の上司だったのですが

『頭が悪くて覚えられないのだったら
 紙に覚えたい事を10回でも書いてみれば覚える。
 10回でも覚えられないのだったら100回書いてみればいい。
 とにかく覚えるようになるまでやってみる事だ』

と言うのを聞いて実行!!!!

講習を受けた日から2日後が試験だったので
講習後は教材を見ながら広告の裏やノートに
繰り返し繰り返し繰り返し・・・
解り辛い部分は更に繰り返し頭にも手にも癖がつくように
時計を目の前にして試験会場へ出発の時間まで寝ないで勉強。

寝るつもりはあったのですが寝るの我慢したのではなく
興奮して忘れていました。

物理・化学・・・一番苦手な分野ですが
学生の頃のおぼろげな記憶と教材を元に結構夢中になりました。

他の6名のスタッフと待ち合わせして試験会場へ行きましたが
試験会場に着いてからはいっさい教材は見ませんでした。

私達が試験に合格しなければ店長やマネージャーが
休み無く働く事で倒れてしまうという話を聞いていたので
絶対に合格しなければ!!!!



結果合格♪



試験会場から店長に電話をして合格を伝えると
『ありがとう!●●さんはもしかしたら落ちてしまうかも
 しれないと思っていたから本当にうれしい。
 おめでとう。泣きそうだよ俺も・・・・』

・・・・・また決めつけて!(笑)
でも初期の店長は涙もろく誠実で素晴らしい方でした。

みにくいアヒルのこから始まった
私の接客業の奮闘記はまだまだ続きます・・・・・。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.14(Wed) PageTop

ブログ名変えてみました



ブログ名を変えてみました。

なんだか書きたい事がごちゃごちゃになり
表現なども散漫です。

文章力と表現力が足りないと
伝えたい事も伝えられないですね。

他の機能もまだまだこれから。

私が大好きな映画の一つが『Bagdad Cafe 』です。

私はあのお店をBagdad Cafe のようにしたかった。

実際はどうだったのだろう・・・?

私はおばあちゃんになるまで残っているという
夢は崩れてしまいましたが

どこかに大切な場所が作れればいいなと思っています・・・・。

Trackback [0] | Comment [1] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.12(Mon) PageTop

◆◇ Y君と常連のお客様 続き ◆◇




        悪気がある訳じゃない

         怒ってもいない
     
      それでも不機嫌に見えてしまう

  そして、私達はお客様に少し求めてしまう時がある・・・
      
    






Y君は見違えるようにどんどん勉強してくれました。
期間限定の商品のお勧めなどを言葉を噛みながらも
必死でお客様にお伝えしリーフレットも必ず手渡しで。


手渡し・・・これは本当に重要です。
商品をお待ちして頂いている間や
商品について聞かれてたり
コーヒー豆の試飲をしてもらっている時に
一言添えてお渡しするのと
『ご自由にどうぞ』とリーフレット立てに
入れて置くのでは全くお客様の反応が違います。


コマーシャルや広告と同じだとは思いますが
一度目にしたり耳にしたものを
いつお客様が思い出してくれるか?
お客様がそれを必要だと思う時がいつあるかわかりません。
その『必要だと思う時』を逃したら損ですよね。


何も言わなければそれで終わり。
もしかしたらお友達の家へ訪問する時に

『お土産でも持って行きたいけど何にしよう??
 あっ、あの店にギフトがあったからあそこで買って行こう♪』

と思い出してご購入するきっかけになる事もあります。
もちろん、ご迷惑にならない様に配慮が大切ですが。



Y君はいつの間にか私の接客をよく盗み
しっかりと自分の中で消化して言葉にしています。

業務連絡帳にも進んで今日は何をお客様にお話しして
自信を持って商品をお勧め出来ました!など
色々書き込んでくれたものです。




話は変わって・・・・・


いつでも何故だか恐いといったら失礼ですが
いつでも怒っているような
とても厳しい常連のお客様がいらっしゃいました。
私の店舗の特徴は地域密着型で
オープンからご利用頂いているお客さまも多く
その女性のお客さまもご家族でよくご来店されました。

私はお客様と接する事が他のスタッフより多かったので
毎日のように来て下さっているそのお客様にも
『おはようございます!今日は何に致しましょうか?
 朝だと○○もお勧めですよ』
『いらっしゃいませ、こんにちは!』
『今日は寒いですね』
いつでもしっかりご挨拶しているのですが
絶対に笑ってもらえません。

笑うどころか、あそこが汚れてるわよっ!
ちょっとあのスタッフ挨拶暗いよっ!
もっと早く作ってちょうだいっ!

はっ、はい!かしこまりました!

他のスタッフは怖くて尻込みしています。
でも私とどちらが怖いか聞いてみると
お客様の方が優しいと皆答えましたので(笑)
あのお客様は怖くない!
厳しいけれど全部指摘された通りですよ!
皆で反省です。

私達接客業は何を学ぶのか?
良い講師を迎えての研修も大切?
はい、お客様に恥ずかしくないように日々勉強です!

でも私達の先生は『お客様』なんですよね。

何かに詰まった時、困った時、
お客様の行動を見てお話を良く聞いていれば
答えが見えてきます。

マニュアルには書いていない沢山の事を
毎日教えて頂けます。

ただし先生を頼ってばかりではダメですね。



そしてある時、あの女性のお客様が
『あら、店長こんにちは!いつも元気ねぇ~♪』(にこっ)


えっ?にこっ?
笑ってくれた?

ええーーーーーーーーーーーーーーーえっ!?
・・・・・・求めちゃいけないけれど
正直言って本当に笑顔が見れて嬉しかったです。
でも、自分はお客様の笑顔を求めてしまった事に
少し胸につかえる様なわだかまりが残りました。
そのわだかまりに気付くのはしばらく経ってからの事。


そのお客様は雪が降ろうが台風が来ようが
カッパと長靴の重装備でご来店してくれました。

『ちょっとぉ~!来たわよぉぉぉおおお!
 嵐にも負けずに来たわよぉぉぉお~!』

この時だけは他のお客様も私達も大笑いさせて頂きました。
そのお客様自身も一緒になってしばらく笑いが絶えませんでした。
私はありがたくて暖かくての泣き笑いになってしまいましたが。


でも・・・・・・・・・。
他のスタッフにも笑顔で厳しいそのお客様は
何故かY君にはそっけない態度です。
Y君自身も爽やかな対応はしているのですが
お客様と波長が合わない様子でした。

そしてY君が大学卒業の時期が来てしまいました。
就職活動も上手く行き、なんと就職先は・・・・・『警察』です!

ずっと何か人の為に役に立つ仕事がしたいと思ってたんです・・・。
Y君はよく休憩中などにそう話していました。
とてもうれしいのですが、やはり寂しくもあります。

最後まで気になったのは
あの女性のお客様の事でした。
Y君にも、気にしなくても大丈夫だよ、きっと
何か考えてる時だったりするとぶっきらぼうに
なったりするからね。大丈夫♪
気に食わなかったりするのではないと思うよ。
そう言っておきました。


Y君は最後に彼女を連れてお店に遊びに来てくれました。
とても素敵な彼女だったのでビックリ!!!
女性スタッフが事務所で大騒ぎだったのは言うまでもありません(笑)




春は優しく切なく過ぎていきます。


ある日またあの女性のお客様が私を呼びます。
なんだかいつもより暗い感じで嫌な予感がしました。
何か新しいスタッフがしてしまったとか
商品の出し忘れなど無いか他のスタッフにも聞いてみましたが
大丈夫だという事です。


心配になりお客様のところへお伺いすると・・・


『今まで黙っていてごめんなさい。
 改めてお礼を言わせて頂きます。
 Yが大変お世話になりました。
 息子が恥ずかしいから言わないでくれと言っていたので。
 でも卒業したからもう大丈夫よね』





え。

え?

YってY君ですか?

ええっ?お母様だったんですか?




そうなのです。
Y君にバイトを勧めてくれたあのお母様だったのです。
とても驚きましたし、そんな事を考えてもみなかったので
しばらく呆然としてしまいました。
隠してたならぶっきらぼうにもなりますね・・・・。

優しく真面目なY君ではありましたが
お母様から見るとまだまだ頼りなくて
就職だってこのままでは心配で
厳しい当店を勧めたという事でした。

二人して立派に卒業して成長したY君を想い
涙しました。


そして気づきます。
やはりぶっきらぼうでも
しかめっつらでも
無表情でも・・・・・

それがお客様の全てではありません。
私達が拝見出来るのはホンの一部分だけ。
笑顔が見れたらもちろん嬉しいですが
お客様は気を使わないで寛いで頂ければ良いのだと。
笑顔を求めてしまった私は
まだまだ制服に着られてしまっているなぁと思いました。




そしてもうひとつ気づきました。


Y君とお母様のお話をスタッフにすると・・・・
学生スタッフのほとんどが
自分も親に勧められたと言って面接に来ている事を
笑いながら教えてくれました。


うん、お母様が常連様!
母は強いなぁ(笑)




















Trackback [0] | Comment [1] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.11(Sun) PageTop

◆◇ Y君と常連のお客様 ◆◇

3






あれは店舗がオープンして2年目の頃・・・・・





Y君という大学生がアルバイトの面接に来ました。


頭髪も短髪で爽やかでしっかりした印象でした。

前にも同じ系列のフランチャイズでアルバイトをしていたらしく
この子なら当店にもピッタリで良いスタッフに育つだろうと
採用を決定しました。

私が事細かにどれくらい私が厳しいか
その代わりどれ程この仕事にやりがいがあるか話をしました。

だから私の店舗では厳しい店として
アルバイトは集まりにくいのです。
でも一度働くと学生は就職まで頑張ってくれる子ばかりです。
どうしても譲れない部分が私にはあったのです。

話し終わった時にどうだろう?大丈夫かな?と聞いてみると
お母様がこの店は店長が厳しいと聞いているから勉強してこい!
と勧めてくれたそうです(笑)
就職活動中でアルバイト出来るのも1年と少し。
就職前のお勉強というところでしょうか。


それじゃぁ遠慮無く!!!!!


という事で鬼の研修が始まりました。
接客業といものは・・・・心得からお話します。

その後でマニュアルを渡し
明日までにセットアップ全部覚えてきてください・・・と。
絶対にどのスタッフも『えっ・・・・』と言います。

そうです。

明日までに。

難しいですよね。
プライベートの約束が入っているかもしれませんし
いきなり明日までと言われてもね。

これはワザとなんです。
この店舗で働く私を含む全員が経験した事です。

その人それぞれ個人差があるのもわかりますし
でもその中でどれだけ精一杯努力出来たかが問題です。


自分なりの勉強方法を学んで貰う為でもあります。
これを乗り越えればどんどん頭に入ってきます。
新商品が出ても直ぐに作れるようになりますし
私自身も頭の回転がものすごーーーーーく速くなりましたから。


同じ看板のフランチャイズでやっていたのだからと
安心していたら・・・・・
やり方がだいぶ違うようです。






翌日。




『頑張ってみたけど覚えてません』

一つでも良かったんです。
お家にあるコーヒーカップ等で向きを覚えるだけでも。





それから3か月間、
事あるごとに注意やアドバイスをしたのですが
私と一緒だとキビキビ動き返事も良く見えますが
他のスタッフと一緒の時はだらけているようにしか見えません。

心ここにあらず。
いつもうわの空。
私の話も耳が竹輪で頭にも心にも残っていない・・・・。

悪い子ではないとは思っているのですが
これでは他の頑張っているスタッフからも
お客様からも不満が出るに違いない。
学校が学校がといつも言っていたので
就職活動に問題があるのかもしれない。

でも。

Y君がシフトをあがる18時に
少し話があると事務所に呼び話し合いをしました。

それぞれ仕事に打ち込めない悩みもあるでしょう。
でもお客様にはそんな事は関係ないという事。
お給料を頂いているからにはプロに徹しなくてはいけない事。
楽して働ける仕事など無いという事。
他のスタッフも私に怒られながら泣きながらいつも頑張ってる事。

気持ちを改めなければ、このまま働く事は出来ないよ。

Y君は泣きそうになりながら黙って話を聞いていました。
よくよくY君からも理由を聞くと
就職活動が上手くいかない焦りで何も出来なくなってしまうと。
自分でもこのままでは皆に迷惑をかけてしまうと悩んでいたそうです。

私も学生は学校が本業だと思いますので
このままアルバイトを続けるのか
無理なら辞めるのか決めましょうと話をしました。

するとY君は

『店長が決めて下さい。
 僕はここで働けて良かったと思います。
 受かるか心配だった面接でも採用してくれて
 店長から色々教わりました。
 だから店長が辞めてくれというなら辞めます。
 これから心を改めて働く事を許してくれるなら
 その通りにせいいっぱいやりたいと思います』

私の言う通りにする?
うっ、Y君やる気になったみたいだな。

それでは言う通りにしてもらおうじゃないか!
一生懸命働く事!
個人差はあるから牛歩でいいから必ず前進しよう!
前に進まなければ同じ場所にいれない、後ろに下がるだけだ!
よーーーし!お互い頑張りましょう!!!!
 
最後には明るく話し合いは終了しました。

それでも心配でしたが
次の日もまた次の日も・・・・・
他のスタッフからも頑張ってるねと声が聞こえるようになりました♪

私の仕事は書類なども多くオーバーワークだったのですが
そのうちY君はカウンター業務と接客はリーダー格になれるまで成長し

『店長!ここは自分がやりますから、他の仕事してきて大丈夫です!
 もう安心して任せて下さい!』

んーーーー、この子がこのまま就職しないでいてくれたら
どんなに心強いだろうか・・・・・なんて考えてしまう程でした。

あとY君の良さは周りの人への配慮や優しさです。
それが接客にも良く出ています。

よく背筋が悪いと引っ叩き
お勧め商品が言えないと後ろから引っ叩き
事務所へ連れて行き怒鳴り・・・・・・・・・

私の教育ではなくて
このY君が素直だったのだと思います。


そして・・・・このお話は常連のあるお客様との出会いにも繋がります。

★続く★














Trackback [0] | Comment [0] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.11(Sun) PageTop

◇◇◇ SO RIGHT , SO WRONG ~あるお客様との出来事~◇◇◇



コロラド


『いらっしゃいませ。ごゆっくりどうぞ。』







あれは数年前・・・・・・・・。

新店舗オープンの頃からご利用頂いていたお客様との出会い。







私は毎日朝も昼も夜も店舗で働いていたので
そのお客様をよくお見掛けしておりました。

ある朝方。

そのお客様は店内飲食でコーヒー&サンドイッチのセットを
ご注文でした。

レジではアルバイトスタッフが丁寧に対応しています。

私は素早くご注文を受ける為にお客様のお声が聞こえる位置へ。

これはオーダーをスタッフが流すのを待たないで
お客様をお待たせしないように選んでいる時に作り始めるからです。

『いらしゃいませ、おはようございます!
    いつもご利用ありがとうございます!』

お客様もにこっと会釈してくれます。



お客様『んーーじゃぁセットで!』

スタッフ『はいかしこまりました!
     どのセットに致しましょうか?』

お客様『ん?セットだよ』

スタッフ『はい、セットは三種類ございますので
         お好きな物をお選びください』

お客様『だ・か・らぁ、セットだって言ってんだよっ』

スタッフ『こちらのセットがそれぞれ違う物でして・・・』

お客様『もぉ、いらないよっ!!!!!!』

スタッフがはじめにどのセットに致しましょうか?
の辺りで私はお客様が苛立ちのお顔をしていたので
フォローを入れようと思っていた時に
お客様はかなりご立腹でお帰りになってしまいました。

私が思うにそのやり取りでスタッフは爽やかに丁寧に
接客していたと思うのですが、お客様がイラついている事に
気付かなかったようです。

スタッフが泣き出しそうな顔をしているので
大丈夫だからと伝えて
私はお客様を追いかけ猛ダッシュです。


『お客様、朝から申し訳ございません。
 当社のメニュー表が分かりにくかったと思います。
            失礼致しました!!<(_ _)>』

お客様は私の言葉を聞いて
『もういいっ!』とだけ言ってお帰りになりました。

今後気をつけますので!
またのご来店お待ちしております・・・・・。

お客様が車で出て行かれるまで頭を下げてお見送りしました。



私が思ったのは
よくお見掛けするそのお客様は何故かいつもイライラしていたのと
あのやりとりで激怒するという事は
かなり神経的にお疲れだという事です。

それに私達は働いているので店の全ての事に熟知していますが
お客様にはわからない事だらけだという事・・・・。

普段あのお客様は当店の敷地内のあるマシンをご利用で
店内ではコーヒーをさっと飲むだけだったのです。

それをたぶん初めてフードも食べようとして
メニューがよくわからなかったのだと思います。


店内に戻りスタッフを見ると何だか不満げな様子なので
裏の事務所に連れて行き色々話をしました。

スタッフは自分はしっかりとお話をしていたし
それなのに何故あんな仕打ちなんだと割り切れないでいます。

お客様の中にはなんだか恥ずかしくて
メニュー自体を名前で呼べない方も多くいらっしゃいます。
実は私もそうなのでわかるんです。


あの場合は丁寧にセットを聞き直しても
お客様が苛立っていたので

『メニューがわかりづらくて申し訳ございません。
 生ハムのサンドイッチとエビツナのサンドイッチと
 チキンのサンドイッチから選べます♪
 人気は生ハムですが是非いかがですか♪』

と、聞いてあげる事出来るよ!
それにお客さまだって悪い事したな・・・って
気にしてるかもしれないから、もし次回お会い出来たら
最高の笑顔でお迎えしましょう!

それでもスタッフが納得しきれないでいるので
今納得出来なくてもいいからよく考えてみてね。

とスタッフを促し再びカウンターへ戻りました。



その後もありがたい事にそのお客様は
施設の機械をご利用に来店して頂けたのですが

やはりいつも顔の皮膚がヒクヒクいう位に
いつでも神経が苛立っている様子です。

自分でもコントロール出来ない程お疲れの様子です。

ある時は施設の機械の待ち時間が長すぎるからどうにかしろと
ある時は駐車場が満車で利用出来ないからどうにかしろと
私を見つけてはご注意がありました。

その度、出来ない事はご理解とご協力をお願いし
改善できる事は対応していきました。

でもそのうちに私を見ても何もクレームは言わなくなりました。






それから3年・・・・


夜22時頃に久々に店内にあのお客様のご来店がありました。

久々にお会い出来てお元気そうなお顔を見る事ができて
本当にうれしかったです。

この時は私がレジで対応させて頂きました。

新人がフードで実務訓練中だったので
コーヒーだけ先にお渡しして
フードが出来たらお呼び致しますとお伝えしました。

でも当店ではお呼び致しますとは言葉だけで
直ぐにお渡し出来ない商品はお席までお持ちするようにしていました。

『○○サンドお待たせ致しました♪ごゆっくりどうぞ♪』

この時お客様は何かを言いたいような素振りだったのですが
私もお久しぶりですお元気ですか?などお話したかったのですが
お腹も空いているだろうしとご遠慮してカウンターへ戻りました。

バタバタとお掃除等をしている時に
あのお客様が私の所へ・・・・・・・・・・。

『ありがとう、カウンターまで呼ばないで持ってきてくれたんだね、ごめんね。』

と言うので

『どのお客様にも同じです。
 お待たせしているのだからお席まで運ばせて頂いていますので
 気になさらないで下さい♪
 こちらこそ今日はご来店ありがとうございます♪』

とお話しするとお客様がオープンの頃のお話を・・・・。

『君は朝早くも働いているけど夜中までいるんだね・・・。
 君は・・・覚えているかな?
 三年前・・・・
 僕はかなり仕事や家の事で疲れきっていて
 君達にだいぶ八つ当たりをしてしまったよ。
 ごめんね。』

やっぱりお疲れだったのです。
もしかしたら職場でも家でも良い上司良い父でいる為に
辛い事を我慢しすぎたのかもしれませんね。

私もかなり口調がキツク対応してしまった事もあり

『わたくしも忘れた事はございません。
 あの時はお客様に向かって言いたい放題で
 いつかお詫びしたかったんです。
 本当に申し訳ございませんでした。
 でも今日お元気そうなお顔が見れて良かったです。』

お客様はまた近いうちに来るよと
少し恥ずかしそうな優しい笑顔でお帰りになりました。

私も間違いは沢山反省し切れない程あります。

この後ゴミ置き場で大泣き・・・・。




数日後


お客様は日曜日にお嬢様を見せにご来店してくれました!

『どう?うちの娘。父親に似なくて良かったよ♪』

お嬢様は可愛らしくにこにこ笑顔♪




言えなかったけれど・・・・・


いいえ、そっくりですよ。















その優しい笑顔が。





















Trackback [0] | Comment [0] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.11(Sun) PageTop

良い接客・悪い接客


ここ最近、何故か母と行動を共にする事が多く
とある量販店にノートPCを買いに行きました。

家には既に2台あるのですが
仕事でも使用する事から自分のお部屋で
ゆっくりと気を使わないで使用出来る自分専用が欲しかったんです。

一台位譲ってくれたって良いと思うのですが
父はPCやカメラが趣味で数あるだけ満足するマニア・・・。

母と呆れて買い物に出た訳です。


PCは仕事でも利用していたので身近ですが
微妙に知識が無い・・・・。

店員さんの前で母とおかしな噛み合わない話で
喧嘩まで始める始末。
店員さんにすみませんっと謝りつつ
私達親子は恥ずかしい痴話喧嘩を繰り広げ
その間若い新人の店員さんは笑いを噛みこらえ
一生懸命話を聞いてくれました。


『仕事でも使用するのでデスクトップと変わらない位
 性能が良い物を探しているんですが・・・』

『デザインは黒でシンプルな物が良いのですが』

その他はあまり詳しくないのでこだわりは無く
何でも良かったのですが・・・・。
新人店員の若い男性はかなり凄い身振り手振りと笑顔で
一生懸命説明してくれて
なんと購入までに3時間も掛ってしまいました(汗)

スグに購入したかったので性能さえ良ければ
こだわっていなかったのでかなり疲れましたが
それでも気分は良かったです。


何故かって?


それは店員さんが親切で爽やかで一生懸命だったからです!
私自身接客業だったのでこの値段でこの時間を掛けたら
迷惑にもなるし、客数も半端ではないのでなどと
結構心配になってしまったのですが
これは買ったら大事に使用して行こうと
使い勝手がもし多少悪くても我慢しようと思いました。

父が新しいTVを買おうと計画していたので
次もここで購入しようね♪と母と話しておりました。

そして次の週にも携帯を買いに行くのですが・・・・・・。





前職の頃、忙しさで携帯を買いに行けなかった私は
母に頼んでシンプルな黒の携帯でいいからお願いします!と
買ってきてもらったら・・・・・・・・・・・・・・・


あっ!


それは!



多分使用している人が少ないと思われる例の・・・・


















『らくらくフォン』(*_*)


と言っても私はスタッフに言われるまで気付かなかったのですが
スタッフや他の社員の方にいつも笑われました。

すごいですねぇ~使ってる人初めてみましたよぉ~
店長知ってます?



・・・・・・・・・・・・い、いいんですっ!
仕事の会議の会議の時に店舗との緊急連絡用だからっ!




という事で
退職もしたし新しい携帯に変えたら?と
母のお勧めもあって例の量販店へ。

昔から携帯はドコモです♪
このお店のドコモのコーナーではあまり気に入ったのが無くて
結局母と同じ種類のデザインの物が色も薄さも良かったので
ウロウロしている店員さんにお声を掛けました。

でも。

笑いもしなくて
私のらくらくフォンを見て
こんなの使ってるんですかっ?と
とても面倒くさいとでもいうような態度で言われました。

私はいいんです。
ただ、母に嫌な思いさせないで欲しかった。

私がどうしようかなぁ?と話を聞くと
『買うんですか?やめますかっ?』と
ろくに話も聞かないで怒りはじめます。

お声を掛けてから2~3分しか経っていないのにです。

ビックリでした。

普通の対応が出来ない方だったんですね。

買うのを止めて帰ろうとすると
母が何度も来るの面倒だから買っちゃいなよ
と引き留めるので仕方なしに購入しました。

最初から最後まで本当に気分が悪く
何故お金を払っているのにこのような態度で
接客を受けなくてはいけないのか訳がわかりません。

帰りに母をレストランに連れて行き食事をしましたが
その時には二度とあの店には行かないという事で
次回TV購入時は近くのヤ●●電気でいいよね
と話は決まりました。

その後、家族で新しいTVを2台とDVD2台を
近くのヤ●●電気で購入しましたが
某量販店はあの酷い接客でかなりお客様を逃しているのではないかと思います。


私が接客を突き詰めている時は
もちろん毎日反省の嵐でしたが
いつでもいかにお客様に満足して頂けるか?を
一生懸命考えていました。


販売接客する私達は制服に着替えて働く側になると
すぐにお客様の立場に立つ事が思っているより難しくなります。
だからこそ、些細なお客様のご意見や行動をそのままにしないで
理不尽だなぁと思っても必ずフィードバックして考えなければいけません。



私がお客様と何年も接してきて振り返ると
99%はお客様のご意見や不満は確かに
正しかったと思います。

私はどんな時も笑顔を忘れずに
お客様に尽くす事が本当に幸せでした。

一期一会。

常連の方もその時だけのお客様にも
自分が出来る最高の接客でおもてなししようと。

人が寛ぐひとときを拝見出来る事は
最高の贅沢なのではないでしょうか?


色々考えましたが退職する最後の頃には
『究極の接客って何?』と。


まだまだ答えは見つかりませんが
お客様に負担を与えずに何も気にしないで
はじめにお店に入って来た時のままの
お客様のご利用目的のまま
お帰りになって頂く事なのではないのかなと最近思っています。

私達が良い接客ですねと褒められることではなく
とにかくそのお客様のニーズに合わせる努力をする事♪

そして笑顔♪

笑顔って大切ですよ。



例えば・・・・・・。

しかめっ面か無表情で『こんにちは♪』と言ってみてください。

ね。

暗いから。


明るく爽やかに言おうとすると
何故か自然と笑顔になる。




んーーー。

でもお客様は渋いしかめっ面でもいいんですよ♪
寛ぐ為に来店する方もいらっしゃいますから
気にしない気にしない♪


あーーーー

やっぱり接客は天職だったのかなと思う。

今先生になる為に研修行ってるけど
やっぱり自分の店持ちたいのかもしれません。

これから良く考えてみようと思っています・・・・・。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.11(Sun) PageTop

~ 大切な女友達 ~



今日は大切な友達について独り言を少し・・・。

インディーズバンドをやっていた事もあって
昔から男友達が多いように思えます。

前は結構無口だった事もあって
女性の輪の中にはなかなか入れなかった。
もともと可愛らしいグッズ等にも興味はなく
どちらかと言えばカッコ良い男っぽい物が
大好きでした。

キャピキャピしている子が嫌いな訳ではなく
自分が異端児のような感じ。

その反対に男の子と居ると
言いたい事も気軽に言えて
気を使わなくていいや、面倒くさくないやーー
そんな感じで楽でした。

それにたまたま、グジグジした悪口大会とか
不条理な陰口とか言う方にお会いする事もあったので
女の子は若気の至りでシャットダウンしてた頃もあります。


それが。

それが。


この間までいた職場は女性の方が比較的多くて
高校生から50代の方まで揃っていました。
それも物凄いキャピキャピちゃん達が満タンです!(笑)

この女性群も取りまとめなければいけない立場上
よく頭を悩ませたのですが・・・。

もちろん大変な事は多かったですよ。
私は音楽活動を休止してこの職場を選んだ事もあって
バンドとは違う世界だという事でけじめをつけて
爽やかに行こう!と心に決めていました。

私は仕事に対しては
『女性版 巨人の星の星一徹!?』だったので
聞こえるように陰口も言われました。

でも、正しい事していればいつかは理解してもらえる
多少は食い違いもあり言われて当然だと思っていたので
それは大した事ではありませんでした。

私と他のスタッフとの間に
大きな透明な壁を必死になって作っていたので
職場での飲み会等は一切なし。
スタッフと仲良くなり過ぎると
ヒイキが出てしまうのを恐れての事でしたが
今思えばやり過ぎだったと反省してます。



お客様の前では爽やかに!

いつでもお客様の目線を追いかけて!

お客様は背中に眼がついているのだから
私達も常に背中にも眼をつけてお客様を意識して!

無駄なくスピーディにプロの仕事をしろ!

事務所でもスタッフ同士敬語で話す事!

いつでも予習復習怠るな!

口答えなど100年早い!絶対するな!

・・・・・・などなどなど。





社員だけでは無く
アルバイトパートのスタッフにまで
絶えず厳しかったと思います。

そんな中で私自身もスタッフも
一緒に成長しお客様が寛げる空間を作りたい。
それが店舗の利益にも繋がると思っていました。


最後にやり遂げた私の職務は・・・
自分自身も優秀賞をもらっていましたが
『サービスコンテスト』でスタッフを入賞させる事でした。
ありがたい事に私の店舗では1位2位を獲らせて頂きました!
パチパチパチ!!!!おめでとう!!!!
(ごめんなさいっ、自慢ですがゆるしてぇぇぇぇ)

色々ありましたが
涙大いにあり、笑いもあり
一つの青春ドラマのような数年間でした!

厳しかったかもしれないけれど
私にとってスタッフとお客様は大切な宝物です。
本当に本当に愛してました。

キャピキャピちゃんも女性も可愛いなぁ素敵だなぁと
思わせてくれたのがこの職場でした。

みんな、言い訳もせず良く頑張って働いてくれたなぁと
感謝感謝です。
へなちょこ店長についてきてくれて
忘れません、絶対に・・・・・。





その中でコンテスト2位だった主婦の方が
私の転勤で違う店長に変わる事を伝えると
私より先に残念ながら退職してしまいました。
接客も素晴らしく、いつも走りまわってくれた彼女。

理由は・・・もう意味が無い・・・とだけ。


彼女が入社する時の理由も
私の接客を見て『この人の下で働きたい』だったのです。


ありがたい事です(涙


店舗は会社のもので
残念ながら私はオーナーじゃなく自分のものではなかった。
会社で全国に店舗が100店舗くらいあるので
転勤はいつかあるんですね。
会社だからしかたがないんですよね・・・・。

私も自分がこれまでやってきた店舗に思い入れがありすぎて
退職するきっかけにはなりましたが。

その主婦の方が最後に

『ここを辞めても、今度はお友達でいさせて下さい♪
 今まで店長とスタッフという形でお茶も飲みに行けなかったけど
 今度はお友達としてこの先も一緒に!
 これで終わりじゃ嫌ですっ!』

と言って辞めて行きました。

今思い返すと
年賀状も毎年送ってくれて
誕生日にもメッセージをくれて
怒られた日は後から、私のどこが悪かったんでしょうか?
と泣きながら反省しに押しかけてくれたり・・・。
私の退職日には大きなお花をご主人と一緒に贈ってくれたり。

私の母にも
このような人はこれからもお友達として
大切にしなければいけないよと言われましたが
その通りだと思います。

現在では主婦の元スタッフの方達と一緒に
お茶会をしてお話する時間が出来ました♪

主婦でお子様もいる方達なので話が合わないかと言うと
そんな事はなく
今度は反対に人生の先輩として色々聞けて楽しいです。


んーーーーー。
女性の友達って素敵♪

少しだけ照れくさくって温かい。
これからも大切にしていきたいなぁと思います。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.11(Sun) PageTop

はじめまして&お引越し


はじめまして。
ご存じの方はこちらで再びお会いできて良かったです。

転職をきっかけにブログをはじめてみよう!と思い
某サイトを友人に紹介してもらってから約一週間・・・。

自分なりに色々考えてみてお引越ししました。
某サイトも初めての私にはとてもわかりやすく
短い間でしたが優しい方々ばかりで
本当にお世話になりました♪
ありがとうございます!<(_ _)>

日々思う事を書き綴ってみると
自分がブログを通して何をしたかったのか?が
不思議と明確に見えてくるようになりました。

某サイトはとても使いやすいのですが
一日に一つの記事しか書き込めないという
制限もあったので・・・・・・・・・・・・。
そして内容的にもこちらで思いのまま
書き綴った方が良いのではないかと考えたのです。

内容も一部はそのままお引越しさせて頂きます。


私の自己紹介は・・・・・・・

学生の頃についたあだ名で
風邪をひいて鼻を啜っていた事を馬鹿にされ
いまだに『jil・・・じる』と親しい友人には呼ばれています(笑)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

私はこの数年間とある企業の店舗で店長をしていました。

何年も職場と自宅の往復だけで遊びに行く時間は無く
TVさえもお化粧している間だけ。
寝る時間も2・3時間。
友達にも会う時間がないのでたまにメール。

よく上司に
『仕事を頑張りたいなら、よく寝てよく遊びほどほどにしなければ
                集中した良い仕事はできないよ!』

よく言われましたが、
性格的に一つの事にのめり込むとそれだけ一直線に
暴走してブレーキが利かなくなるのがいけなかった・・・。
でも職務内容的にかなりオーバーワークで退職率も高く
私は負けないっ!なんて無茶したんですね。
心も身体も最後はボロボロでした。

馬鹿は○○でも治らない・・・これって私の事?

辞めてから上司の労わりでもある言葉が
はっきりと理解できるようになりました。

プライベートもしっかり楽しんでリフレッシュしなければ
仕事も詰まる。

うん、これは絶対。

引き出しいっぱい持っていなきゃ
部下の気持ちやアルバイトさんの気持ちも
わかったつもりでしか理解できないんだよね。

でも・・・・。
でも・・・・・・・・。
素敵な仲間や上司に出会えて
たくさんのお客様に叱咤激励され
本当にたくさん勉強させてもらって
・・・・ボロボロでもお釣りがくるくらいだと思ってます♪
本当にありがとうございましたっ!!!!!!!


と、いうことで
世間から浦島太郎な私は
こちらで色々な人といっぱいお話をして
世の中について少しお勉強させてもらおうと
・・・・・・・・・・・安易な考えっ!(笑

引き出しいっぱい作らなくてはね♪

ここではヨチヨチのひよこですが
これから宜しくお願い致します!!!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


と、一週間前には某ブログで書き込んでいましたが(笑)

こちらでもどうぞ宜しくお願い致します<(_ _)>


Trackback [0] | Comment [0] | Category [接客・販売・教育・ふれあい] | 2008.05.11(Sun) PageTop


 プロフィール

jil

Author:jil


『Bagdad Cafe season2』はこちらから♪

音楽活動から何故か
あるコーヒーショップの
店長へ・・・。
ショップを辞めた今でも私の宝物は
お客様とスタッフです!

いきなり野球にハマってしまい、家から球場が近いという理由もあり【西武ライオンズ】を応援する毎日で、ブログは野球のことばかりになってきている今日この頃です(笑)。

基本的にツンデレ&男前と言われます。

モットーは常に

清く正しく美しく

 カテゴリ
 カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 月別アーカイブ
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク
 球場へ連れてって♪
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
 coffee
映画『おいしいコーヒーの真実』


 Lc.タグクラウド

 大切な宝物

 QRコード
QRコード
 ブログ内検索
 FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。