スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

WBC 2009 日本優勝パレード 



感動の余韻にまだまだ浸っている今日この頃です(笑)。
喜びを分かち合うダルビッシュ夫妻。
映画のワンシーンのようで感動ものです。

スポンサーサイト
Theme [WBC] Genre [スポーツ]
Trackback [0] | Comment [0] | Category [WBC 2009] | 2009.04.13(Mon) PageTop

WBCと車イスへの挑戦 ④

車イス

『この人はリハビリ嫌がるし治す意思がないから
 このまま駄目になっていくんだよ』

そう言われていた患者様のSさん。

一週間のリハビリ予定表にはSさんのところに
・本人の意思があればOK
と記入されています。

新米者の私を少しからかうように呼びつけていたSさんに
(何も用がないのに『おい』と呼ぶのですが
 Sさんは麻痺で言葉が話せません)
どうにか車イスに乗る気力を持ってもらうために
何度も何度も話しかけました。

最初の頃はとても嫌がってしまい首を横に振るばかり。
私とテレビのあるところまでデートしましょう♪と言っても
なにやらニヤニヤ笑って終わりです。

ある日の事。
患者様の人数の関係でSさんが車イスに積極的に乗って下さる
患者様がいるお部屋に異動になったのです。

車イスを催促する患者様の姿や私の失敗を見て
何だかSさんは笑顔で楽しそうにしています。


そんな時でした。

WBC開幕


私にはある作戦が頭に浮かびました

そのお部屋は男性4人部屋です。
皆さんお話はほとんど出来ないのですが
私の言っている事も理解出来ますし
ゆっくりなら会話する事も可能です。

私は一人一人に野球は好きですか?と聞いてみると
4人とも大好きだとの答えが返ってきました!

他の患者様が車イスに乗ってテレビ観戦しに行く時に
Sさんにも『車イスで世界と戦う日本を観に行きましょうよ』と誘うと
Sさんの笑顔でうなずく顔が!!!!!

しかしSさんは膝を曲げる事が出来ない為に
リクライニングの水平に出来る車イスを使用します。
今までは二人掛かりで抱き上げて乗せていた話も聞いていたのですが
私一人で抱える事は絶対に無理です。
ワーカーの数も少ない日だったので
私はベットと同じ位置にリクライニングの車イスを横付けして
私も手伝うからSさんも自分の力で移動して乗ってみるか相談。
※画像の車イスとはちょっと違います

するとSさん意欲たっぷりでうんうん頷き、
自分で布団を剥ぎ取るくらい大喜び!

しっかりストッパーをかけてSさんが乗りやすいようにサポート。
Sさんは左の手足も麻痺で動かないのですが
身体の右部分を一生懸命動かして少しずつ
車イスに移動してくれました。

Sさんは息をハァハァしながらも満足そうに
手をあげてピースをしてくれました。

作戦成功!

テレビが置いてある休憩所まで車イスを押して行くと
一緒のお部屋の他の患者様もそれに気づいて
お互い手をあげて挨拶し合いました。

言葉は話せなくてもお互い喜びを分かち合っている・・・
そんな感じがしました。

WBC開催中は侍JAPAN応援団として一致団結し
患者様は本当に楽しそうでした。

まぁ、赤パンは私だけですが(笑)。


最後の決戦の日などは
他の認知症もある患者様でも
今日本は勝ってますか?どうですか?と声をかけると
しっかりと『2対3で日本勝ってるよ!』と教えてくれて
ダルビッシュの最後の一球が投げ終わった時は
患者様のご家族がテレビの前でわぁぁぁぁーと雄たけびを!
そのおかげで?患者様と一緒に私達も思い切り
やったぁぁっぁ!!!!と叫ばせてもらいました(笑)。


患者様の楽しんでいる応援もあり
だからこそ私は絶対日本に勝って欲しかったのです。

病院がこのままではなく
本来あるべき姿になりますように・・・
患者様一人一人を尊重し敬える介護が出来ますように・・・
患者様が苦しまない一日一日が送れますように・・・

患者様に『頑張って!』ではなく
『一緒に頑張りましょう!宜しくお願いします!』なのです。



SさんはWBCが終わった後も
水戸黄門観たさに車イスに積極的です!
それも乗っけてもらうのではなく自分の力で。
私達はサポートするだけなのです。


また、嬉しい事に
散々私を疎ましく思っているワーカーのうちの二人が
『jilさんがやっていたようにSさん乗っけてみたよぉ。
 凄いねぇ~、自分で動いてくれるんだね。』
と車イスに積極的になってくれているようです。

M君の言う通りだね。

そう、少しずつだけど無駄じゃないよね。


侍JAPAN、本当に感動をありがとう!
そして野球の楽しさを教えてくれた患者様に感謝です!

Trackback [0] | Comment [6] | Category [WBC 2009] | 2009.03.30(Mon) PageTop

WBCと車イスへの挑戦 ③

決められた仕事も素早く動き、
出来るだけ時間を作り患者様のケアに努めようとする私に
分かり切った事でしたが良く思わない方が多くいました。

患者様の病気によっては車イスに乗せてはいけない
重症の方もいらっしゃいますが、
乗せていい患者様は寝たきりにしておくと
二次障害を併発させてしまうのです。

患者様自身の治そうとする意志があれば
私達のお手伝いで身体機能の悪化を防げるのです。

口のきけない患者様でも手を振ったりして私を呼びます。
文字盤を使い車イスに乗ってテレビを見たいと・・・。
私は患者様を優先し車イスに乗せます。

そんな時に他のケアワーカーが言う言葉は必ず
『病院と施設は違うから』

確かに病院は施設のように出来ないでしょう。
一人の患者様にずっとついている事は出来ません。

でも時間はあるのです。
協力すれば出来るのに・・・。



哀しい現実を見てしまった私を励ますように
友人M君は言います。

『jilさんの怒りも十分わかります。許せないですよね。
 でもそんな中でもあきらめちゃダメなんですよ。
 たとえ一人でも強い意志で臨むのがjilさんの良いところ。
 
 jilさんは今石を投げたんですよ。
 その為、今まで見えなかった底に沈むヘドロが
 ハッキリと浮かび上がってきた事は悪い事じゃないんです。

 後はそのヘドロをすくってきれいにしていく事だけです。
 簡単な事じゃないし時間はかかると思いますが
 正しい事を続ける事が大切ですよ。』

Trackback [0] | Comment [0] | Category [WBC 2009] | 2009.03.30(Mon) PageTop

WBCと車イスへの挑戦 ②

出勤する度に私は叫びそうになりました。

何故?

患者様に向かって酷い言葉が言えるのか。

私達はマシンじゃない。

患者様は人形じゃない。

『ここは病院で施設じゃないから患者は寝たきりでもいい』

・・・・?????

『面倒だからあまり車イスに乗せないでね』

『この人の顔が嫌いだからオムツも交換したくない』

今何て言ったの???
患者様は一人一人大切でしょう?

『ボケてるから何言っても無駄だよ。
 話なんて聞く必要ないよ。ほっとけばいい。』


吐き気がするほど酷い状況だと思いました。

私達の仕事はケアワーカーなのに。


病院が表向き掲げている
『患者様へのうんたらかんたら~』は嘘なのか?

あなたの家族だったらどうするの?
大事な命をお預かりしているのに?

患者様が亡くなった朝の申し送りで
『今日も一人いなくなっちゃいました♪』
ってどういう神経なんだ?

ご冥福をお祈りする事が出来ないのだろうか?



ご高齢の患者様ばかりです。
口が利ける方や口からお食事出来る方は3名ほどです。
でも患者様は認知症であっても麻痺があっても意識はあるのです。
これまで一生懸命働いて国を支えてくれた先輩方なのです。
何故これまでの苦労をねぎらい敬う事が出来ないのでしょうか?


こんな状況の中で私に出来る事は・・・


この時支えてくれたのが患者様やご家族の笑顔と
最高の友人M君の言葉でした。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [WBC 2009] | 2009.03.30(Mon) PageTop

WBCと車イスへの挑戦 ①

私が今働いているのは『介護医療型』の病院で
患者様は要介護5に認定される方々が入院されています。

実はこの病院は私が扁桃腺肥大の為に
年に2回は高熱を出し水も飲めず話も出来ず、
呼吸さえ思うように出来なくなった危険な状態の時に
夜中でも受け入れてくれて入院治療をしてくれた病院でした。

ここ数年で総合病院から『介護医療型』へ変わったそうです。

接客業と介護じゃ全く別の世界なんじゃない?と
いろんな方に言われるのですが、
ホスピタリティーという面では私にとって変わりはないのです。


私の母も退職するまで病院職員を務めてきました。
先輩でもある母からは以前よりお前に絶対合っている仕事だしと
私の背中を押していた事もあり、
接客業をやっている時からずっと考えていた事でもありました。


母からいろんな話は聞いていましたが
実際に務めてみないと現実を知る事が出来ない。

特に今は介護をする人が足りないと言われている時です。

良く考えた上で、以前お世話になった病院に電話をかけました。


『私にお手伝いをさせてください・・・』


面接をして頂いて採用。



そして・・・

そこには神聖だと思っていた病院の現実が待っていました。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [WBC 2009] | 2009.03.30(Mon) PageTop


 プロフィール

jil

Author:jil


『Bagdad Cafe season2』はこちらから♪

音楽活動から何故か
あるコーヒーショップの
店長へ・・・。
ショップを辞めた今でも私の宝物は
お客様とスタッフです!

いきなり野球にハマってしまい、家から球場が近いという理由もあり【西武ライオンズ】を応援する毎日で、ブログは野球のことばかりになってきている今日この頃です(笑)。

基本的にツンデレ&男前と言われます。

モットーは常に

清く正しく美しく

 カテゴリ
 カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 月別アーカイブ
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 リンク
 球場へ連れてって♪
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
 coffee
映画『おいしいコーヒーの真実』


 Lc.タグクラウド

 大切な宝物

 QRコード
QRコード
 ブログ内検索
 FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。